踊る女性

できることから

ダンサーになりたい場合は、ダンサー募集の広告に応募することが最も手っ取り早いです。こうした募集はインターネットで簡単に目にすることもできますが、未経験者は雇われないことがほとんどです。必ずどこかのダンススクールに所属し、何年かレッスンを受けないとなりません。かつてダンサーとしての仕事を、単発でもしているとなおよいでしょう。経験があるとみなされ、書類選考をパスしたらオーディションを受けることになります。オーディションは、あらかじめ振付が資料となって送られてくる場合と、その場で振付を教えられて急いで覚えなければならない場合、そして即興で踊る場合など、様々な場合がありますので、その情報も得ておくべきです。

さて、ダンサーになるには様々な条件があります。ダンス経験があることはもちろんですが、別の条件が募集要項にある場合があります。例えば着ぐるみを着て踊る場合は、子供達を怖がらせないように背の低い人が募集されます。また、舞台で踊る場合は、どうしてもルックスがよい人が優先されるでしょう。また、どのようなダンスが得意かも重要になってきます。日本舞踊やヒップホップ、ジャズはそれぞれ踊り方が違います。そのため、自分が一番得意だと思われるダンスのオーディションを受けることが、より効率的に仕事を手にするこつであると言えるでしょう。また、なるべく多くの種類のダンスが踊れるように、日頃から様々なレッスンを受けることも大切です。