踊る女性

ダンサーとしての仕事

ダンサーという職業を仕事にするためにはやはりお金を稼げなくてはプロのダンサーとは言えません。ダンサーは自分がアーティストであるという意識が邪魔をしてお金が稼げないでいるアマチュアダンサーも多いでしょう。もちろん趣味程度であればそれで好きなことだけやっていれば良いですが仕事としてやっていきたいのであればきちんとお金を稼ぐ術を考えていかなくてはいけません。一番良いのは若いうちに技術を磨き海外留学などを経験して世界を舞台に活躍できるダンサーになることです。そのためには実力とコネがないと難しいですから、早いうちから取り組むようにすると良いでしょう。どんなジャンルのダンスかにもよりますが、海外経験があるとダンススクールへの留学だったとしてもダンサー募集に応募した際に有利になる場合があります。

いざ経験を積み実力がついて自信があっても募集が探せなくては挑戦もできません。ダンススクールなどに通っていた場合はそのスクールの卒業生のコネやスクールが主催する劇団などの募集をチェックすることもできます。募集はなかなかでないジャンルもありますが、人前で踊るだけではなく講師という職業もあります。他にもプロダンサーをサポートするような職業もあり、年齢的にプロダンサーとしてやっていくのが難しくなった時にも良いでしょう。若いうちはやはり現役で踊っていきたいという人が多いでしょうから、さまざまな募集をチェックして挑戦してみるのが良いのではないでしょうか。特に最近は日本人が海外で活躍しているケースも珍しくありませんので、どんどん挑戦してみると良いでしょう。